環境・景観

生物調査・生態系保全

野生生物調査

当社では、環境アセスメントに関わる調査などで長年培ってきた技術をもって、以下の業務を提供致します。

●動物相・分布調査

環境アセスメント、地域の生物相の基礎資料として、生息種や分布を調べます。 (捕獲調査/ルートセンサス法/定点観察法/自動撮影法/痕跡調査/文献調査)

●生態調査

保全対策のための基礎資料として、動物の生活史を調べます。 (直接観察法、テレメトリー法による行動や利用環境調査/食性調査/生息環境調査)

●保全事業

生息分布や生態の実態を調査、保全計画を策定し、対策を実施し、効果を検証します。 (実態調査/保全計画の策定/対策の実施/モニタリング調査)  

<調査例>

痕跡調査におけるノウサギの足跡
ニホンリスの捕獲調査
猛禽類定点調査
GISによる行動圏や利用環境の解析

外来生物調査

現在、外来生物による農作物被害、日本在来種など生態系への影響、感染症などが各地で問題となっています。当社では、主に外来哺乳類(アライグマなど)の防除事業に係わる調査業務に取組んでいます。
© 2017 CERES, Inc. all rights reserved.
ページの先頭へ