環境・景観

リサイクル資源の利活用

バイオマス賦存量のデータ作成

当社は循環型社会の形成を支援しております。その一環として、地域の各種バイオマス賦存量・利用可能量を推計し、地域特性を生かしたバイオマス有効利用を検討している皆様のビジネスモデル策定をご支援させていただいております。
バイオマスの推計結果はGISデータとして加工・解析するなど各種データをご要望に応じてビジュアルに、利用しやすい形で取りまとめ、ご提案しております。

対応可能なバイオマス
木質 農業・畜産 食品 汚泥
未利用バイオマス 林地残材 稲・麦わら・もみ殻
廃棄物系バイオマス 製材所廃材
造園剪定材
果樹剪定材
乳用牛
肉用牛
養豚
採卵鶏
食品廃棄物
(動植物性残渣)
食品加工残渣
(事業系生ゴミ)
生ごみ・し尿・下水汚泥

各種バイオマス賦存量・利用可能量の推計にあたっては、井内正直「バイオマスエネルギー利用計画支援システムの開発」電中研報告Y03023を参考に行っております。

リサイクル資源の利活用に関する地域事業コンサルティング

地域産業特性の評価手法の例:マテリアルネットワーク分析

対象地域の産業構造について、動脈系、静脈系を含めた複数の企業によるマテリアル・ネットワークを基本モデルとし、ネットワーク分析に基づいた地域産業特性の評価を行います。

© 2017 CERES, Inc. all rights reserved.
ページの先頭へ